マイナー車で逝こう

あまり使われないかわいそうな車たちで頑張ってる人のブログ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Anivia安定度アップ成功か?

まさかこの歳になっても徹夜でゲームをしているとは思っていませんでした。
オマケにすでに社会人。驚きです。

ここ最近、ProAniviaの配信を見て気づきました。

彼ら、自分からハラスに行くことはあまりないのです。
相手がこちらに近寄ってきた隙にスキルをぶち込むのです。

今まではハラスしなければという呪縛みたいなものに
支配されていたらしく、Qを打っては外し、ハラスに夢中のためCSがあまり取れないという
悪循環に陥っていました。
考えを改めて、「敵が来ないならファームしていればいいじゃん、来たら追い返せばいいじゃん」
と、プレーをこのような方針に変えた所、今のところなんとなくうまくいっています。
まだまだ怪しい感じですが、MRルーンと合わせてしばらくこの方針でやってみようと思います。


ちなみに、さっきRothmansさんとCustomでAniviaタイマンをやりました。
昔のようにアグレッシブにやったところ、やはり不利でした。特にQは後出しのほうが明らかに当てやすい。

問題は、勝てる気がしなかったこと。やはりレート1400相当の人とはまだまだ互角には出来ないようです。

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

League of Legends Q:勝てません

A:練習してください。

・・・とはいえ、むやみに練習しても効果が薄いのはスポーツでもゲームでも同じ。
同じ練習をしても、目的をもって取り組んだ人と惰性で取り組んだ人では
練習の効果が全然違うのです。


つい最近、こんなことがありました。
MidLaneで勝てる気がしないGameが続いていた頃、突然Laneを制圧出来るGameがありました。
こういうGameは分析しなければなりません。なぜなら、今までの傾向と違うGameになったからです。

分析の結果、相手JunglerのDisconnectでGankがなかったことによるものでした。
思えば、負ける気がしなかったレベル10台の頃はJunglerが居たり居なかったり。
基本的にGankの心配はなかったのです。
しかし、レベル30になるとJunglerがいるのが普通で、Gankもガンガン来ます。
それでKill取られて出鼻をくじかれてそのまま流れでやられるという一連の流れが見えてきました。
とはいえ、それだけが原因ではなく、相手の操作が上手くてやられることももちろんあります。
ただ、基本的にはGankによってやられているのが殆どで、それさえ防げれば対等以上に戦えるという
希望が見えてきたGameでした。

しばらくはある程度LHを捨ててでもMapを見すぎるくらい見たほうが良いのかも知れません。


現状実戦投入可能チャンプ
Anivia(Mid)
ChoGath(Jungle, Top)
Dr.Mundo(Jungle)
Sona(Bot)

是非実戦投入したいチャンプ
Alistar(Bot)
Galio(Mid)

いつか実戦投入したいチャンプ
Fiora(Jungle)
Karthus(Mid)
Katarina(Mid)
Leona(Bot)

AD Ranged?知らんw


別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| マイナー車で逝こう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。