マイナー車で逝こう

あまり使われないかわいそうな車たちで頑張ってる人のブログ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 FUJI SPEEDWAY

2011-05-22.jpg

今回の舞台は前回とうって変わって、高速サーキット。FIA-GT勢優位の
コースとなります。ただ、優位といえども、タイヤ持ちや燃費の関係で
決勝全体で見ると、それほどの大差はありません。


フリー走行では、しばらく2番手タイムをキープし、上々の滑り出し。
しかし、セッション後半になると一気にタイムが上がり、最終的に6番手で終えます。

予選は、直線が自慢のtriple a Murcie RG-1が、2位にコンマ5の差をつけてPP獲得。
上手くいけばPPタイム近くは出せそうでしたが、アタックにミスがあり
決勝は3番手からのスタートです。

決勝はドライコンディションでのスタート。
同じF430のDAISHIN ADVAN Ferrariを早めにオーバーテイクし、
トップのtriple a Murcie RG-1を単独走行にさせたくないところ。
決勝のスタートは平穏なものに見えましたが、JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430が
突如ストップ!それにPrivee Kenzo Asset Shidenが巻き込まれるというアクシデント
発生。幸いにもPrivee Kenzo Asset Shidenは致命的なマシントラブルを回避した模様。

オープニングラップのヘアピンで、前を行くDAISHIN ADVAN Ferrariのインを刺し
オーバーテイク成功。これで2番手浮上です。
トップのtriple a Murcie RG-1とは近づいたり離れたりを繰り返し、
そのまま第1スティント終了。ピットから出ると、すぐ後ろにORC AMEMIYA SGC-7が!
このクルマは回線トラブルにより予選タイム末梢となったクルマです。
燃費は良くないので、タイヤ無交換作戦でしょうか。
コチラはアウトラップで思うように走れませんので、鬼ブロックです。
なんとか抑えきりしばらく走ると、ピットアウトするtriple a Murcie RG-1の姿。
ピットで逆転成功、レースリーダーになります。
しかし、元々triple a Murcie RG-1の方が速い上に、タイヤも後から交換しているので
圧倒的に優位。
そして、残り2周となったダンロップコーナー進入でインを刺されて万事休す。
仮にここで抑えたとしても、ホームストレートで抜かれていたでしょう。
(こちらはトップスピードが10km/hほど遅い)

優勝まであと一歩まで迫りましたが、結果は2位。
それでもPACIFIC NAC Ikamusume Ferrariにとって初のポディウム獲得となりました。

練習:1:45.117 Pos.6
予選:1:43.650 Pos.3 +0.554
決勝:1:44.033 Pos.2(FL Pos.2 +0.465

別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<LIVE TOUR 2011 You can't catch me | マイナー車で逝こう | JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 TI AIDA>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| マイナー車で逝こう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。