マイナー車で逝こう

あまり使われないかわいそうな車たちで頑張ってる人のブログ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON OFF SilverStone

イカ娘2季目の挑戦・・・するかどうかはわかりませんが、多分するでしょうし、
やっぱり勝つまでは辞められないという意地みたいなものもあります。

簡単に昨季を振り返りますと、

順位変遷
予選:2->3->4->1->2->1->4
決勝:5->2->4->2->R->2->7
FL  :8->2->2->2->2->3->8

予選フロントロー獲得が4回(PP2回)、決勝FL2位4回。決勝2位3回。
シーズン半分くらいで速さを見せるも、なんとなく勝運に見放されるというシーズンだった
ような気がします。もちろん、ドライビングや作戦ミスのせいというのもありましたが。
今季は多少運が悪くてもいいように絶対的な速さを手に入れたいですね。
マージンがあればちょっとのミスは大丈夫ですから。

という反省点を抱きつつ、シルバーストンへ。
今季からF430の足回りが少し変わったというのもあり少し期待しつつ乗り込みますが・・・。

遅い!

しかも、ラップあたり1秒遅いようです。
これはどうしたものか。これでは1勝どころか、表彰台すら危ういかも知れません。
結局プラでタイムアップは出来ず、予選も途中で雨が振りスリックでは走れずに下位へ。
決勝も一生懸命走って周りについていける状況だったので、ミスせずに完走することは
不可能でした。

直後に富士でテストを行いましたが、やはりここでも1秒遅い。
何か根本的な問題があるようです。
結果的には、ギアの問題だったような気がします。
中間のパワーが減ったので、きちんとギアを落としたほうが速いということがわかりました。
あとは立ち上がり重視ラインが必須。上記のギアに関して言えば、ギアを落とすことで
半自動的にスローインファストアウトになっていたのかも知れません。

あと、これは感覚的な問題なのですが、乗り味がJAF-GT寄りになりました。
少し気を抜くとタイムが簡単に落ちるような感覚があります。
昨季はなんとなくでもタイムが出ていたのですけどね。

少なくとも、富士では昨季と同レベルのタイムまでは出せるようになりました。
しかし同レベルではまた同じことを繰り返す結果になるので、あとコンマ3~5は伸ばしたい。
そうすれば1勝の可能性はより高まるのですが。

ここからはセッティング云々ではなく、ドライビングの問題です。
ラインとかアクセルワークとか。今までテキトーだったツケがここで。
テニスやってた時もそうだったけど、感性派は詰まったら終わっちゃうんだよね、理論ないから。
別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<JPN-MYS SUPER GT SEASON 10 Sugo | マイナー車で逝こう | JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 Motegi>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| マイナー車で逝こう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。