マイナー車で逝こう

あまり使われないかわいそうな車たちで頑張ってる人のブログ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 Sugo

シリーズの中で最もテクニカルなサーキットの一つ、菅生にやってまいりました。

ドライコンディションで行われたプラクティスでトップを奪ったのはなんと84kg搭載の
triple a Murcie RG-1。菅生を得意としないはずの車が2位をコンマ5ちぎる快走を見せます。
PACIFIC NAC Ikamusume Ferrariは、決勝を見据えてロングランを敢行。
道幅も狭く、コースも短いので他車によく遭遇し、中盤タイムは伸びませんでしたが、
ラスト5分くらいでコースが比較的クリアになり、そこで2番手タイムを記録します。

予選、同じくドライコンディションですが、開始2分くらいで黒い雲が。
そのタイミングで慌ててコースインします。雨が降ってはタイムは出ませんので。
前戦セパンではアタックに失敗したので気合を入れます。特にSP IN-OUTに警戒。
このコースはシケインの進入でコンマ3近く、レインボーの立ち上がり如何でコンマ4
くらい変わるということが事前のデータで確認出来ていたので、そこを失敗しないように。
いつもはしでかすのですが、今回は何となく上手く行きました。そこで、SPは全開というより
少しセーブしてクリア、今シーズン初のPPを獲得!
昨シーズンのヘレスラウンド以来のPP獲得となりました。

決勝もドライコンディション。
序盤からORC AMEMIYA SGC-7との一騎打ちの展開。作戦的に比較的自由度があるJAF-GT勢なので、
序盤でどれだけマージンを取れるかが重要になります。幸いにも燃費的には差がないので
タイヤがどうかという心配だけで済みましたが。
ORC AMEMIYA SGC-7のタイヤがなかなか温まらないのか、セーブしているのか
こちらのほうがペースが上で、最初の数周で3秒近いマージンを築きます。
しかし、その後はほぼ同じペースで遷移、そのまままさかの同時ピットイン!
前に出ることに成功しますが、マージンは1秒台になってしまいました。
が、ここはやはりFIA-GT対JAF-GT。コーナーのインを閉めておけば抜かれることは
まずありません。
残り6周。1ミスでついに逆転されてしまいます。
後ろは十分離れているので、飛んでもいいから110%でプッシュします。
そして・・・トップチェッカーを受けたのはORC AMEMIYA SGC-7、
PACIFIC NAC Ikamusume Ferrariは+0.957差の2位でレースを終えました。

これでチャンピオンシップは混沌としてきました。
1 Don-3rd  54
1 Minami51  54
3 Rothmans 53
4 Ryo     44

上位3人は1点差、それを10点差で追うPACIFIC NAC Ikamusume Ferrari。
今回の2位でなんとかチャンピオンシップ争いに首の皮ひとつ繋いだという形でしょうか。
以降は鈴鹿、オートポリス、茂木と続いていきます。F430は恐らく茂木が一番の狙い目ですが、
全車ノーウエイトなのでどうなるかわかりません。そうなると、10kg軽い鈴鹿が
勝つ最後のチャンスになりそうです。

練習:1:32.729 Pos.2
予選:1:31.632 Pos.1 -0.356
決勝:1:32.423 Pos.2(FL Pos.2 +0.170
別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 Sepang

今回は画像なしです・・・。手抜きじゃないよ!リプレイが再生できないのです。

というわけで、セパンです。F430との相性はいいはずなので、気合が入ります。

プラクティスはドライコンディション。
各車順調に走行を重ね、PACIFIC NAC Ikamusume Ferrariは3番手で終了。
7番手までが約1秒以内というハイレベルなプラクティスでした。
予選、決勝もワンミスで一気に順位が落ちそうです。

そして予選。
アタックに若干失敗し、4番手。前はPrivee Kenzo Asset Shidenなので、スタートで抜ければ。
PPはプラクティスから速さを見せつけたtriple a Murcie RG-1。
トップハンデでPPなんてJLOCに性能調整ですね。

決勝はまさかのウエット宣言。
しかも、なんだか微妙な雨量。浅溝か深溝ハードか?はたまたスリックか?
PACIFIC NAC Ikamusume Ferrariは浅溝をチョイス。他のチームも大体浅溝だったようです。

序盤でトップに立ったのはORC AMEMIYA SGC-7。ペースも速く、2位以下を突き放しにかかります。
PACIFIC NAC Ikamusume Ferrariは2番手争い。
Privee Kenzo Asset Shidenはtriple a Murcie RG-1に追突されスピン。
このあたりで雨が強くなり、Privee Kenzo Asset Shidenは早めのピットインをします。
それに反応したのがトップのORC AMEMIYA SGC-7。
早期の反応が功を奏し、トップを守ることに成功。徐々にPrivee Kenzo Asset Shidenを引き離し
誰もが、このまま逃げきりを疑いませんでした。
しかし、S字でまさかの回線トラブル。それにPACIFIC NAC Ikamusume Ferrariと
triple a Murcie RG-1が巻き込まれクラッシュ、Privee Kenzo Asset Shidenだけが回避し
なんとトップヘ。
このクラッシュでPACIFIC NAC Ikamusume Ferrariはリアウイング、スプリッターが脱落。
これにより23秒台でラップすることになってしまいます。
背後からはDAISHIN ADVAN Ferrariが17秒台で迫ってきています。
ファイナルラップ、その差は約3秒。鬼ブロックラインでなんとかポジションキープを狙います。
結果的になんとかコンマ2差で4位を死守することに成功。
セパンは4位で終えることが出来ました。


いやはや、練習走行で好タイムを出すと決勝が雨になってしまいます・・・。
ドライならチャンスがもっとあったと思うのですが。
次は上位のウエイトが厳しくなっているので、ここで1勝狙いたいですね。

練習:2:11.342 Pos.3
予選:2:10.080 Pos.4 +0.585
決勝:2:17.378 Pos.4(FL Pos.2 +0.092

別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 FUJI SPEEDWAY

2011-05-22.jpg

今回の舞台は前回とうって変わって、高速サーキット。FIA-GT勢優位の
コースとなります。ただ、優位といえども、タイヤ持ちや燃費の関係で
決勝全体で見ると、それほどの大差はありません。


フリー走行では、しばらく2番手タイムをキープし、上々の滑り出し。
しかし、セッション後半になると一気にタイムが上がり、最終的に6番手で終えます。

予選は、直線が自慢のtriple a Murcie RG-1が、2位にコンマ5の差をつけてPP獲得。
上手くいけばPPタイム近くは出せそうでしたが、アタックにミスがあり
決勝は3番手からのスタートです。

決勝はドライコンディションでのスタート。
同じF430のDAISHIN ADVAN Ferrariを早めにオーバーテイクし、
トップのtriple a Murcie RG-1を単独走行にさせたくないところ。
決勝のスタートは平穏なものに見えましたが、JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430が
突如ストップ!それにPrivee Kenzo Asset Shidenが巻き込まれるというアクシデント
発生。幸いにもPrivee Kenzo Asset Shidenは致命的なマシントラブルを回避した模様。

オープニングラップのヘアピンで、前を行くDAISHIN ADVAN Ferrariのインを刺し
オーバーテイク成功。これで2番手浮上です。
トップのtriple a Murcie RG-1とは近づいたり離れたりを繰り返し、
そのまま第1スティント終了。ピットから出ると、すぐ後ろにORC AMEMIYA SGC-7が!
このクルマは回線トラブルにより予選タイム末梢となったクルマです。
燃費は良くないので、タイヤ無交換作戦でしょうか。
コチラはアウトラップで思うように走れませんので、鬼ブロックです。
なんとか抑えきりしばらく走ると、ピットアウトするtriple a Murcie RG-1の姿。
ピットで逆転成功、レースリーダーになります。
しかし、元々triple a Murcie RG-1の方が速い上に、タイヤも後から交換しているので
圧倒的に優位。
そして、残り2周となったダンロップコーナー進入でインを刺されて万事休す。
仮にここで抑えたとしても、ホームストレートで抜かれていたでしょう。
(こちらはトップスピードが10km/hほど遅い)

優勝まであと一歩まで迫りましたが、結果は2位。
それでもPACIFIC NAC Ikamusume Ferrariにとって初のポディウム獲得となりました。

練習:1:45.117 Pos.6
予選:1:43.650 Pos.3 +0.554
決勝:1:44.033 Pos.2(FL Pos.2 +0.465

別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 TI AIDA

JPM-MYSさんのSUPER GT シーズン9に今回も参加させていただきますよ。
というわけで、今回のクルマはこれ。
2011-05-14-2.jpg
言わずと知れた(?)侵略車です。イカちゃんかわいい(*´∀`*)
表彰台の頂上侵略を目指します。



2011-05-14.jpeg


フリー走行では2位にコンマ6くらいの差をつけて、なんとトップタイムを記録。
幸先の良いスタートを切ります。

しかし、予選ではフリー走行2位の紫電に百分の4秒逆転され、惜しくも開幕戦PPを逃してしまいました。
それでもフロントロースタートは上出来です。

そして決勝はまさかのWET宣言。チームは雨が強くなると予想し、ハード系の深溝レインタイヤをチョイスします。
オープニングラップのバックストレートで紫電をパスし、しばらくトップをキープしますが、
徐々に路面が乾いて、ハードタイヤが異常発熱。タイヤがタレてくると一気にペースが落ち、防戦一方の展開に。
そして、画像のシーンですが、マイクナイトコーナーで500のクルマにインを開けた途端に
一気にアンダーステア発生、そのまま紫電にパスされ2位後退、その後、さらに後ろのムルシエラゴにもパスされ
3番手まで落ちてしまいます。
ついに耐え切れなくなりピットイン。浅溝レイン装着の予定が、
スタートと同じタイヤを履いてしまうというミスによって万事休す。
さらに悪いことに、その後雨が止んでしまい、全くペースが上げられず、
ピットアウト時に2位だったポジションも、終わってみれば5位。
タイヤチョイスに泣かされるレースとなってしまいました。

練習:1:31.953 Pos.1
予選:1:30.648 Pos.2
決勝:1:34.885 Pos.5(FL Pos.8)

これくらい簡単な記事なら7回続けられるかな・・・
別窓 | GTR2 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

紫電参戦レポート MYSGTシーズン7 第4戦 菅生

フリー走行:晴れ
今回から全車アップグレードが施されました。
その結果、今までのセッティングがすべてゴミに。

というわけで、事前のプライベートテストでセッティングをだしておきました。
テストはミディアムソフトとミディアムで行い、ノーウエイト、満タンで30秒8まで出ました。

しかし、フリー走行が始まると、なぜかタイムが全く出ません。というか、曲がりません。
いや、アクセル踏んでる時は曲がるんですが、アクセルを離すとなぜかアンダーステアが。

結局解消できずに終了。決勝は亀作戦しかないようです。



予選:晴れ
予選は2回アタックなのですが、今回からタイヤが冷えてる時は全くグリップしなくなったので、
1周目はまだアタックできません。従って、実質1アタックとなります。

ここでもなんとなくアンダーステア傾向を示し、攻め切れません。
おまけに、はみ出す始末。
結局7番手で終了。これだけミスをして7番手は正直ラッキーだったと思います。
周りの人も初めてのクルマだったので、同じようにミスされたのでしょう。
ただ、次回からは最下位に沈むでしょう・・・・。



決勝:晴れ
1107_000.jpg
写真ではよくわかりませんが、みんな一生懸命ウェービングしてタイヤを温めます。
GTR2では雰囲気として振っている人はいましたが、意味あるウェービングは初。

1107_001.jpg
スタート直前にムルシエラゴが1台消え、Zがはみ出し1コーナーで4番手浮上。

1107_002.jpg
目の前で430がスピン、避けたらコース外まで行ってしまい、8番手に後退。

1107_003.jpg
若干曇ってきました。最初からハード無交換作戦だったので、雨に備えて燃料がある限りコースに
とどまることに。
ただ、この影響で路温が下がっており(スタート時より5~6℃低下)ハードタイヤの発熱が悪く、
余計にペースが落ちます。

1107_004.jpg
結局雨ふらず\(^o^)/

1107_005.jpg
最後の最後、パワーの差で430に抜かれ6位。

わかったこと。
・無交換ムリ。
・紫電ムリ。

これで22点差となり、何かを変えないとチャンピオン争いすら出来ない状況となりそうです。

別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | マイナー車で逝こう | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。