マイナー車で逝こう

あまり使われないかわいそうな車たちで頑張ってる人のブログ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

League of Legends考察

最近やっているLeague of Legendsというゲームのお話


低レベル時はJungleが出来ないので2Top、1Mid、2Botというスタイルが普通で、しかも
構成はフリーダム。この頃は楽しかった。

レベルが上がってくると、Junglerがいるのが普通になってくる。
その上、EUスタイルと呼ばれる構成を求められるようになる。

このEUスタイル、本当に効率が良い。
EUスタイルとは、

Top:早く育ったほうがいい、かつ、Laneが強い、維持できるチャンピオン
Mid:AP Carry レベルが早く上がる必要があるチャンピオン
Bot:AD Ranged+Support SupportはLHを取らず、AD Rangedは安全にLH取得に専念
Jungle Jungleは他のメタと変わらないが、なるべく硬いほうが良い

何が効率が良いのか?
まず、Top。TopはLaneを維持していればよい。Buff管理もする必要がないので、Farmに専念出来る。
MidはDragon戦が勃発した時に駆けつけ、レベルブーストで圧倒的火力。それだけでDragon戦で優位になる。
BotはSupportがLHを取らないので相方がSoloLane並にお金を稼げる。装備が必要なAD Rangedにとっては
ありがたい。


現状としてこれ以上良いメタが生まれていない。
個人的に感じていることだが、これはディフェンシブなメタだから、それが面白くない。
サッカーで言ったら、5-3-2くらいの作戦。
EUメタでは基本的に序中盤では試合は動かず、とにかくLH取りに専念する。
それで装備差をつけて畳み掛けるという作戦なのだ。

では超攻撃的な作戦を考えようじゃないか。それこそ3-4-3くらいの。

Top:AP Carry 恐らく相手はMelee。ハラスしまくって相手を腐らせよう。
Mid:AP Killer 恐らく相手はMage。圧倒的優位なので、相手を腐らせよう。
Bot:Tank 恐らく相手はAD Ranged+Support。多分一番キツイLane。とにかく死なないように。
Jungler1:1人目のJungler。自陣Jungleを周る。火力重視のチャンピオンが良い。
Jungler2:2人目のJungler。なるべく敵陣Jungleを周る。適宜自陣Golemなど。序盤1v1で負けないチャンピオンが良い。

良い点
・TopとMidで優位に立てる。
・敵Jungleを腐らせられる。
・脅威の2人同時Gank。
・20分GG。
・2人Smiteで敵が油断するかも。

悪い点
・Botが1人なのでDragon管理を厳重にしなければならない。
・2人目のJunglerがとても苦しい。(Killが取れないと成立しない)
・TopがGankに弱い。

とても実践で使えそうではないですがw
とにかく、20分以内で試合をぶっ壊そうというコンセプト。攻撃的に。


Top:Cassiopeia
Mid:LeBlanc
Bot:Alistar
Jungle1:Shaco
Jungle2:Olaf

一回だけ本当に2Jungleでやったことがあるけど、
AlistarとVolibearのGankはOPだった。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

未知との遭遇1

広告来てるので、とりあえず記事アップw


2010年後半から2011年初頭にかけて、今までほぼ興味がなかったのに、
急激に興味をもつようになったものが2つあります。

興味ない→興味あるというのは至極当然の流れ(最初から興味あるものなんて
普通はほぼない)が、過去数年において新しく興味を持ったものはほとんどありませんでした。
そんな生活だったので、この先もずっと新しくハマるものはないのだろうなぁと
思っていた矢先、突如ハマったので自分でもちょっとヘンな感じ。

さて、一体何にハマったのか?

第一回目は坂本真綾さんについて。


真綾さんの作品に触れたのは2008年頃プレーしたエースコンバット6が最初でした。
エースコンバットシリーズは(4以降は)かならず最初のプレーは日本語音声で
プレーしています(英語だと字幕を読む余裕が無いのでストーリーがわからないため)。
その時に聞いているのですが・・・当時は全く知らなかったので、そのまま素通り。

次は2009年にプレーしたFF13。ここで初めて坂本真綾という名前を知ることになります。
主人公なので、基本的によくしゃべる。いや、正確に言えばお喋りなキャラではないけど、
出てくる回数が多いのでそう感じただけかも。
そして感じたこと、声がキレイ。しかしその時はそれで終わり。
なぜなら、坂本真綾という人は声優さんなのだと認識したからです。

次は、いよいよハマるきっかけになったこと。
会社でなんとなくニュースフィードを見ていると、「坂本真綾、初のアルバム首位!」
との見出しが。

そこでふと思い出します、「あぁ、ライトニングの声やってた人か。」

あの綺麗な声で歌ったらかなりいいんじゃないか?と思いだすと、俄然聞きたくなってきます。
そこで、すでに真綾さんファンであるネットで仲良くしてもらっているA氏にオススメを
聞いてみることにします。リクエストは「アップテンポでノリのいい曲」。すると、

「マジックナンバー・プラチナ・トライアングラー、アルバムならGet No Satisfaction!」
とのこと。
この時、「マジックナンバー・プラチナ・トライアングラー」という曲名だと思ったのは秘密w

急いで、家に帰って試聴。


なにこれ、全部いいじゃん。特にマジックナンバーとGet No Satisfaction!。


歌手としての坂本真綾にハマった瞬間でした。
翌日ヨドバシカメラに立ち寄り、ベスト盤のeverywhereとかぜよみを喜び勇んで購入、
今ではCDも7枚を数え、通勤時はほぼすべての時間で真綾さんの曲を聞いているというハマりっぷり。
早速6月のライブにも行ったし、今度の12月のライブも、チケットが取れれば行くつもりです。


と、こんなキッカケでハマったわけですが、音楽は昔から好きなのでハマったのは自分の中で
理解が出来る範疇でした。
が、もう一つは今までの嗜好とは一線を画すものでした・・・・・・

つづく。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON 10 Sugo

3位でした。
以上!

流石に手抜きすぎかw
練習走行からタイムが拮抗していて、例年以上にサバイバルとなりそうな予感。
やはりここSUGOでハンデ無しでは紫電が頭ひとつ抜けだしているなぁという印象でした。

予選でも勢力図は変わらず、紫電がPP。イカ娘は予選で思いっきり失敗して33秒台で6位。
SUGOでの中団グリッドは最悪といってもいいでしょうね。抜けないし、1周目失敗したら
さらに順位を失うわけで。というわけで、決勝スタートです。

タイヤはミディアム。摩耗が若干しにくくなったとの横浜ゴムさんの情報でしたが
特性は変わっておらず、20あたりから急激にグリップが減り、タイムが落ちました。
タイムもトップから1秒遅れ(FL比)で、なんとも平凡。
序盤のペースは、抑えて走っている前と同じ、タイヤがタレてくると、コンマ5~1秒落ち。
これでは戦えませんね。ミディアムソフトが正解だったのでしょうか。

なんだか、途中までは昨季のTIを思い出すような展開でしたが、昨季と違うことがありました。
まずは、紫電のストップアンドゴーペナルティ。13秒程度後ろで復帰したので、ペース的に
やられるかなーと思っていたら、ちょうど2台バトル中のところに入ったようで、
紫電のペースが上がらず。さらに、前を走るタイヤ無交換の7が馬の背でオーバーシュート。
これで労せず表彰台獲得です。ペースが悪かったのに表彰台獲得出来たのはラッキーでした。
昨季、これでもかと運に見放されたのが嘘のようです。

これはもしかすると、昨季よりいいところに行けるかも知れません。
・・・イカんイカん、調子にのってはいけない。
イカちゃんも調子にのって失敗しまくってるじゃなイカ。安全運転で頑張ります。

別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON OFF SilverStone

イカ娘2季目の挑戦・・・するかどうかはわかりませんが、多分するでしょうし、
やっぱり勝つまでは辞められないという意地みたいなものもあります。

簡単に昨季を振り返りますと、

順位変遷
予選:2->3->4->1->2->1->4
決勝:5->2->4->2->R->2->7
FL  :8->2->2->2->2->3->8

予選フロントロー獲得が4回(PP2回)、決勝FL2位4回。決勝2位3回。
シーズン半分くらいで速さを見せるも、なんとなく勝運に見放されるというシーズンだった
ような気がします。もちろん、ドライビングや作戦ミスのせいというのもありましたが。
今季は多少運が悪くてもいいように絶対的な速さを手に入れたいですね。
マージンがあればちょっとのミスは大丈夫ですから。

という反省点を抱きつつ、シルバーストンへ。
今季からF430の足回りが少し変わったというのもあり少し期待しつつ乗り込みますが・・・。

遅い!

しかも、ラップあたり1秒遅いようです。
これはどうしたものか。これでは1勝どころか、表彰台すら危ういかも知れません。
結局プラでタイムアップは出来ず、予選も途中で雨が振りスリックでは走れずに下位へ。
決勝も一生懸命走って周りについていける状況だったので、ミスせずに完走することは
不可能でした。

直後に富士でテストを行いましたが、やはりここでも1秒遅い。
何か根本的な問題があるようです。
結果的には、ギアの問題だったような気がします。
中間のパワーが減ったので、きちんとギアを落としたほうが速いということがわかりました。
あとは立ち上がり重視ラインが必須。上記のギアに関して言えば、ギアを落とすことで
半自動的にスローインファストアウトになっていたのかも知れません。

あと、これは感覚的な問題なのですが、乗り味がJAF-GT寄りになりました。
少し気を抜くとタイムが簡単に落ちるような感覚があります。
昨季はなんとなくでもタイムが出ていたのですけどね。

少なくとも、富士では昨季と同レベルのタイムまでは出せるようになりました。
しかし同レベルではまた同じことを繰り返す結果になるので、あとコンマ3~5は伸ばしたい。
そうすれば1勝の可能性はより高まるのですが。

ここからはセッティング云々ではなく、ドライビングの問題です。
ラインとかアクセルワークとか。今までテキトーだったツケがここで。
テニスやってた時もそうだったけど、感性派は詰まったら終わっちゃうんだよね、理論ないから。
別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

JPN-MYS SUPER GT SEASON 9 Motegi

リプr(イカ略

ntdll.dllでクラッシュしやがるのですが、解決方法ご存じの方居られましたら
是非ご教授くださいませ。



さて、シーズン9もいよいよ最終戦です。
いつものように練習走行から振り返っていきますが、タイムが拮抗しているのは
いつものこと。しかし、何となくコースと車が上手くマッチせずタイムもそこそこ、
何よりも安定してラップ出来ないのが一番の問題でした。
そんな根本的な問題が30分で解決するはずもなく。

予選は練習で全開走行するとミスの可能性が高すぎるということが分かっていたので
8割くらいのアタックで4番手。従って、トップとコンマ8差は致し方無い結果となりました。

決勝は4番手スタートから混戦模様の中を進みます。結果的にこの混戦の対処が問題でした。
今季の結果が示すとおり(予選平均2.4番手)、ほとんどレース開始直後の混戦で走ったことが
なかったのです。昔のように毎日走っていればこんなことはなかったのでしょうが、
今は週1回なので、どうしてもバトル勘のようなものは鈍ってしまいますね。言い訳ですが。
8周目あたりにブレーキングポイントを見逃してオーバーシュート->コースオフで
ほぼ最後尾へ。タイヤはミディアムソフトでしたが、来季のテストも兼ねて
無交換でタイヤデグラデーションの確認を行うことに。
一人コソ練で1時間近くもやるのは大変なのでいい機会でした。摩耗は40近くまですすんで
良いデータが取れました。
タイヤ摩耗係数を増やせば簡単に摩耗40の挙動は確認できますが、どういう変化をしていくかは
実際に2倍でやってみないとわからないですからね。

ピットアウト後は4番手で復帰しますが、最終的には7番手フィニッシュ。
バトル勘を養うか、一発の速さを極めて後ろからのスタートをなくすか。
今できるのは後者かなぁ。

練習:2:00.969 Pos.5
予選:1:59.346 Pos.4 +0.850
決勝:2:00.715 Pos.7(FL Pos.8 +1.155



今季まとめ
ドライバーランキング:63Pts.(-36) Pos.4
予選最高順位:1
予選平均順位:2.4
決勝最高順位:2
決勝平均順位:4.1
PP獲得回数:2
優勝回数:0
表彰台回数:3
FL獲得回数:0

順位変遷
予選:2->3->4->1->2->1->4
決勝:5->2->4->2->R->2->7
FL  :8->2->2->2->2->3->8

別窓 | GTR2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | マイナー車で逝こう | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。